Перейти к содержимому

NLS Labo 規約

(名称)
第1条  本会は、「非線形分析システム機器研究会(略称NLS Labo)」と称する。(英文名 Non-Linear Diagnostic System Laboratory (略称NLS Labo))

(目的)
第2条  本会は、非線形分析システム機器と併用した音楽の有効利用を通して音楽が心身に与える影響を考察、研究し、それら研究成果の報告、討論、情報の交換ならびに会員相互の親睦を目的とする。

(事業)
第3条 本会の目的を達成するため、次の事業を行う。
1)セミナー、ワークショップ、講演会、視察会の開催
2)音楽療法士、医師、心理学者、音楽家等の専門家との各種交流会の開催
3)その他、本会の目的の達成に必要な事業

(会員)
第4条  本会の活動に賛同し、以下の条件を満たす個人会員・団体会員で構成される。
ー入会の条件:
1)INSTITUTE OF PRACTICAL PSYCHOPHYSICSが製造元である正規のMETATRON機種を所有している事
2)Qi-Academyの生徒、もしくはTeam-NLSの正会員である事

(入会および退会)
第5条  入会および退会は書面により事務局に提出し、役員会で承認を得るものとする。

2 会員の行為が本会にとって著しく不利益を生じる場合もしくは会員が本会にふさわしくないと判断された場合は、役員会は直ちに退会を要求することができる。

3 会員は入会にあたり本会との間で守秘義務・著作権保護契約を調印することが求められる。当該契約に違反した場合は、役員会は直ちに退会を要求し、適切な法的措置を講じるものとする。

4 尚、守秘義務ならびに著作権保護契約は、退会後も無期限に延長される継続的義務とする。

(会費)
第6条  本会は、会費の徴収を行わない。ただし、海外で開催される研究会並びに交流会開催時は諸経費・参加費を徴収することがある。

(役員)
第7条  本会の事業を行うため役員として世話人若干名を置く。
世話人は役員会を組織し、研究会の運営にあたる。

(事務局)
第8条  本会は、役員間および会員間の連絡および会計等の事務を行う事務局を置く。
事務局の設置場所は役員会が決定する。

第9条(会員の特典)
本規約は役員会の発議により、総会出席者の3分の2以上の同意を得て改正することができる。

付則:この規約は2017年08月01日から施行する。

細則1(守秘義務/著作権保護)
本会において配布される楽曲などの音源並びに文書等各種資料は、本会が所有する機密の、著作権で保護された資料である。当該資料の無断複写、撮影、開示、複製、配布、掲載、無料での供与、有料での提供行為を固く禁ずるものとする。違反が認められた場合は、差し止め命令、民事責任、利益の没収、懲罰的損害賠償、その他の法的制裁の対象となり、本会は適切な法的措置を講じるものとする。