Перейти к содержимому

ルネサンス時代

古代ギリシア・古代ローマの精神に遡及するルネサンスの時代になりますと合理的な考え方に基づく音楽療法に再び脚光があたるようになります。各惑星に該当する音楽の特徴について言及し、病気を患った際には、その病気の原因や症状とは反対の性質を有する惑星の音楽を聴くことにより、世界スピリッツが人間スピリッツへと伝達されることで治療に繋がると唱えたイタリア・ルネサンス期の人文主義者、哲学者、神学者マルシリオ・フィチーノ(1433–1499)(Marsilio Ficino, “De vita libri tres”(1489))や、その考えを受け継ぎ発展させたルネサンス初期のスイスの有名な医師兼錬金術師のパラケルスス Paracelsus (1493年-1541)などが挙げられます。

>>NEXT