Перейти к содержимому

音楽の発祥

そもそもなぜ音楽というものが生まれたのでしょうか。諸々の説があります。
ひと昔前までは進化論で知られるダービンが唱えた「音楽は異性を惹きつけるためのツールとして発祥した」という説が主流でした。しかし現代の脳科学の発達、脳波計やCT やMRIなどの様々な医療機器の発展のおかげで、新生児や幼児にも音楽が明らかな影響を及ぼしていることが証明されたことにより、音楽が「繁殖のためのツールに過ぎない」、というダービン説は主流なものではなくなりました。

そうした中で最近では「母」と「赤ちゃん」のコミュニケーションツール(「母」が「赤ちゃん」をあやすためのもの)として音楽が発生した、という説が主流になってきているようです。

(このイメージはこちらのHPより転用させていただいています)

石器時代、人間の祖先は今日の我々よりも遥かに大きな、そして様々な危険に晒されていました。ちょっとした赤ちゃんの泣き声が外敵の注意を引きつけ、外敵から狙われたり襲われたりしたため、素早く赤ちゃんの気持ちを静める道具が必要となり、その必然性から「音楽」が発祥したということです。>>NEXT